忍者ブログ



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子宮の病気なのでしょうか??
子宮の病気なのでしょうか??第3子を出産後、3年がたちました。(子7歳4歳3歳)間をあまりあけることなく妊娠していたので、異常はなかったのですが、ここ半年ぐらい生理のときに、ドロッとした塊がでます。小さなものではなくナプキンでは抑えきれないような感じの時もありました。よく思い出してみると、第1子妊娠前は、同じような症状が出ていたんですが・・・。生理痛もひどくよく動けなくなっていました。これって普通のことですか??生理のたびにひどくなっているような気がするので分かる方がいたらお願いします。母が、子宮筋腫で治療中なので「もしかして私も?」と考えています。(続きを読む)

子宮がんの検査は
子宮がんの検査は子宮がんの検査で「子宮体がん」と「子宮頸がん」の2種類の検査があるようですが30代後半ではどちらを受ければいいのですか?(続きを読む)

おりものに強いにおいがあります。 魚の腐ったような少し甘いにおいです。 2年くら...
おりものに強いにおいがあります。魚の腐ったような少し甘いにおいです。2年くらい前も同じにおいがして、その時は「トリコモナスだろう」と思って市販の「トリコマイシン膣錠」というのを買って使いました。そしたらにおいや少しあったかゆみは消えました。一旦においは消えていたのですが、最近またにおい始めました。経血もにおいます。またトリコマイシン膣錠を買おうと思ったら生産中止なのかどこへ行っても売っていません。軟膏も買いましたがにおいは消えません。私はトリコモナスにかかっているのでしょうか?それとも子宮がんの疑いがありますか?29歳で既婚です。産婦人科に行くつもりですが今生理中なので、終わってから行こうと思いますが行くまで(がんじゃないか)不安でたまりません。もしがんであれば、かなり症状は進行していますよね。どなたか私の症状からどのような病気が考えられるか教えてくださるとありがたいです。(続きを読む)



子宮ガンの予防と症状とは子宮 がん クラス
健康診断結果票で、子宮頸がんのところがC(要経過観察)で、スメアクラスがIIでした。しかし、私は今まで性交渉した事がなく、処女です。自分なりに子宮頸がんについてサイトを見て調べ...(続きを読む) 2007-02-03 03:00:00 ...[子宮ガンの情報PR](続きを読む)

子宮ガンの予防と症状とは子宮 がん 体験
乳がんの気になる情報乳がんや子宮がん 乳しこり、乳癌の診断と治療! また病気とは言えませんが、授乳期でもないのに、乳頭から分泌のある、乳頭異常分泌があります。またちょっと乳房からは離れますが脇の下(腋窩)の疾患として … ...(続きを読む)

子宮がん予防
子宮頸がん 症状子宮頸がんの症状は、初期の場合は、ほとんどがありませんが、子宮がん検診で行う子宮頸部細胞診により発見することができます。自覚症状としては、不正性器出血がもっとも多く、とくに性交時に出血しやすくなります。 ...(続きを読む)


PR



この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
がん保険給付金
がん保険給付金とは実際に自分ががんであると診断された場合に保険会社から給付される給付金の事です。がん診断給付金の受け取れる回数については各保険会社の契約規約によってまちまちですが、契約時に契約内容によく目を通しておくと良いでしょう。また、ひと口にがん...
URL 2007/08/10(Fri)22:25:02
女性病気子宮 頸 がん
女性病気子宮 頸 がん(子宮 頚 がん)子宮の入り口にできる子宮頸がんと、子宮体部の内膜から発症する子宮体がん(子宮内膜ガン)があります。どちらのがんも早期に発見され早期に治療をすれば生存率の高いガンですが、女性病気子宮内膜ガンは発見が遅れると死に至ることも多い怖い病気です。女性病気の症状としては、不正出血がある、血性のおりもの、あるいは茶色がかったおりものがある、悪臭のするおりものがある 、下腹部の痛みや、排尿障害があるということがあげられます。更に進行すると血尿や血便がで...
URL 2007/08/13(Mon)23:04:25
カテゴリー
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 子宮がんについて All Rights Reserved